ホーム議会レポート春日市民が使えるコロナ支援制度・パート2

議会レポート

子どもと高齢者が安心して暮らせる春日市に

情報

春日市民が使えるコロナ支援制度・パート2

個人・世帯向けの支援

<生活保護>

  • 新型コロナの影響で、失業、収入減など急激な生活困窮に陥った方に対し、生活保護の臨時的、弾力的適用が行われています。

<貸付>

  • 生活福祉基金の特例貸付(春日市社会福祉協議会)
  • 緊急小口資金:緊急かつ一時的な生活困窮(20万円以内、学生も対象)
  • 総合支援資金(失業者向け):生活再建のため(092-584-3377)
    (単身で月額15万円(2人以上世帯20万円)×3ヶ月、学生も可) 

<猶予・減免>

  • 国・県・市税、公共料金等の支払い猶予、国保税の減免及び納付猶予など

<傷病手当金>

  • 健康保険等の被保険者が、業務災害以外の理由による病気やケガの療養のため、仕事を休んだ場合に所得保障を行う制度です。新型コロナウィルス感染症に感染し、その療養のために働くことができない方も、利用することができます。

家計急変の学生支援

<就学援助~小中学生>

  • 新型コロナの影響で、休業、離職、会社の倒産、売上の減少などにより収入が著しく減少(家計急変)し、学校納入金(給食費など)の支払いが困難である世帯に、認定基準(前々年度の市民税所得割額の世帯合計が基準以下)を満たさないときでも、直近の収入状況などを勘案し援助できることがあります。

<大学生への支援>

  • 授業料の減免、奨学給付金・就学支援金など柔軟な対応あります。

事業者向けの支援

国・県に上乗せの、「春日市家賃支援」が始まります。

<家賃支援給付金>

  • 売上の急減に直面する春日市内のテナント事業者の皆さんで、国の 「家賃支援給付金」および県の「家賃軽減支援金」の両方の給付決定を受けている事業 者に対し、地代・家賃の負担を軽減のための給付金を交付。(国・県・市合わせて80%給付)

    ※国および福岡県に申請し、給付決定を受けた後に春日市へ申請してください。

<春日市事業所支援金>

  • 新型コロナウィルス感染症の影響を受けている市内経済を活性化するため、売上高の減少率に関わらず春日市内の事業者に支援金を給付。
    (一律5万円)

※「春日市中小企業等応援金」の申請をしている人も対象となります。

<貸付>

  • 新型コロナウィルス感染症対応資金貸付など

    ※(県)3年間無利子・無担保・保証料0、据え置き5年以内、融資期間10年以内。

※その他、状況に応じて使える制度や支援の情報、申請資料などあります。  

関連記事

議会レポート一覧

ページトップ